学生がお金を借りる手段

MENU

クレジットカードまたはキャッシング

学生がお金が必要となる場合には、クレジットカードを利用したり、そのクレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法があります。クレジットカードは基本的には18歳以上になれば自分のカードを持つ事ができます。

 

ただ20歳になるまでは、クレジットカードを持つためには親の同意が必要になりますから、実質的には20歳以上というのが一般的でしょう。

 

もしも、お金を借りたい理由が旅行や買い物などのためなら、親や友人から借りなくてもクレジットカードで支払いすることができます。しかも、次の引き落とし日に一括で引き落としされるだけでなく、返済が厳しいという人は分割払いで支払うこともできます。

 

その回数はクレジットカード会社によっても異なりますが、1回、2回、3回・・・と、最大で24回や36回まで分割で購入できます。もちろんその場合には利息が発生しますが、それでも毎月の返済額が小さくなるので学生でも返済しやすいでしょう。

 

また、海外旅行でも使えますから、卒業旅行の為なら特にオススメです。

 

またクレジットカードにはキャッシング枠というのもあります。それはその限度額内であればお金を借りることができるのです。ただ、この場合の利息もほぼ18.0%となるケースが多く、借入が多くなるとそれだけ返済が厳しくなります。

 

クレジットカードは比較的簡単に作ることができますから、複数のクレジットカードを持ち、使いすぎてしまいカード破産になる危険性もあります。そのため、クレジットカードを作る時にはしっかりとどれだけのお金を使って、毎月どれだけ支払うのかを計算しておくといいでしょう。