学生ローンについて

MENU

誰でも借りられる?

学生ローンは、20歳を超えたら(原則的には18歳以上で融資可能)誰でも借りられる、と思っている人も多いようですが、実際にはそういう訳ではありません。

 

学生ローンとはいえ、お金を借りることには違いがありませんから、借りたものは返さなければいけません。その際には決められた利息も支払わなければいけないのです。

 

ということは、当然収入がなければ返せませんから、返せるだけの収入がある人というのが大前提です。アルバイトもしていない学生は学生ローンを利用することはできません。たとえ仕送りがあるから、それで返済すると言っても無理です。

 

仕送りというのは実際の収入にはなりませんので、審査が通ることはないでしょう。

 

とはいうものの、実際に学生ローンは学生証の提示だけで収入証明書は必要ありません(50万円以下の場合)。そのため、アルバイトをしていると偽ってお金を借りて、仕送りなどで返済していくことも現実的には可能です。

 

とはいえ、収入がないのであれば、たとえ仕送りがあったとしても、生活費や交際費などを考えると返済していくのは厳しくなるでしょう。もしも、アルバイトもしていないでお金を借りた場合には、早急にアルバイトを探して収入を得ることが必要でしょう。

 

学生でもいずれは社会人として生きていかなければいけません。そのため社会人としてこれから自立していくためには、お金が足りないから借りるという発想ではなく、学生のうちからあるお金でやりくりしていくという意識を持つ事が大切でしょう。