学生がお金を借りる手段

MENU

学生ローン

学生がお金を借りる場合、できれば親や友人、学校など誰にも知られることなく借りて、返してしまいたいものです。社会人であれば、銀行などから融資を受けることもできますが、ほとんどの場合、学生は安定収入がないので審査が通りません。

 

そんな場合は、学生証とアルバイトなどで収入があるという条件付きではありますが、学生ローンというものがあります。学生ローンは、審査が比較的甘く、即日融資も可能です。

 

そして親や友人にも知られることのないように徹底されていますから、人知れず借りて返したいと思っている人にはオススメです。融資額は最高でも50万円までとなっていますが、実際学生がそこまでのお金が必要になることは滅多にないでしょう。ただアルバイトでの収入によって、融資してもらえる金額が決まりますから、たいていは20〜30万円くらいと思っていた方がいいかもしれません。

 

学生ローンといえども、金融機関からお金を借りることには違いがありませんから、当然利息がかかります。学生ローンの最大のネックは、その金利が高いというところです。だいたい14.0〜18.0%というのが相場のようです。

 

ですが、たとえ18.0%でも1〜2ヶ月程度で返済するつもりなら、それほど気になるくらいではありません。もしも、18.0%の金利で10万円を借りたとして1年で返済するとなると、利息は11,011円になります。ですが、これを1ヶ月で返済するとしたならば、利息は1,479円で済むのです。友達からお金を借りて、お礼に飲み代をおごるよりも安く済むのです。

 

ただ、学生ローンは比較的簡単に借りることができますから、必要以上のお金を借りてしまいがちです。そうなると、当然支払いが困難になり、それを返済するために、闇金や犯罪に手を出す学生も少なくないのです。

 

あくまで学生ローンは最終手段と考え、必要な分だけを借りるようにして、なるべく早く返済してしまいましょう。