学生ローンの注意点

MENU

返済できるか

学生ローンは、親や友人にも知られることなくお金を借りることができますので、急なお金が必要になった場合などに即日融資も可能なのでとても便利です。

 

ですが学生ローンの注意点として、しっかりと返済できるかというところが一番のネックになります。学生ローンは一見すると学生向けのローンだから金利が低いのではと思われがちですが、そんなことはなく、14.0〜18.0%という社会人が使うカードローンと同じくらいの高金利になっています。

 

しっかり働いている社会人でさえカード破産に追い込まれる人が多い昨今、アルバイト代しか収入のない、しかもお金を借りたことのない学生が高金利の融資を受けるのですから、決して返済は楽ではありません。

 

とはいっても、学生ローンで借りることのできる金額は決まっており、最大で50万円までで、現実的にはアルバイト代での年収に対しての融資額になりますから、20〜30万円というのが一般的です。

 

返済できなったとしても学生ローンの場合は、とりあえず利息だけでも支払っていれば問題ありません。ただ、支払いが滞ってしまうと親や学校に連絡がいき、お金を借りていることがばれてしまうこともあります。

 

一番怖いのは、返済できないからと言って、『低金利、審査も通りやすい』というふれこみの聞いたことのない金融会社から借りることです。そのほとんどが闇金で、低金利ということはなく、法外な利息と取り立てをされてしまう危険性があります。もちろん今は法律で法外な利息や取り立ては禁止されていますが、現実的にはおこなわれているというのが現状なのです。

 

学生ローンとはいえ、れっきとした借金ですから、しっかりと返済計画を立ててできるだけ早く完済してしまった方がいいでしょう。