学生ローンについて

MENU

教育ローンとの違い

学生ローンの使用目的は、人それぞれですが、学費の支払いのために使用するという人もいるでしょう。では、「教育ローンとは何が違うの?同じもの?」と思う人がいるかもしれません。

 

教育ローンも、大学などの学費を支払うためなどに利用する便利なローンです。ですが、学生ローンと教育ローンではまったく異なります。

 

まず、基本的な事ですが、お金を借りる対象が違います。学生ローンは、大学や専門学校に通う学生本人が借りるローンということです。一方、教育ローンの場合は、お金を借りる対象が保護者、すなわち学生の親が借りるものです。そのため、教育ローンは学生本人が借りることは基本的にできません。

 

また、金利も大きく異なります。学生ローンの場合は運営する会社が消費者金融になりますから、たいてい14.0〜18.0%になります。一方で教育ローンの場合は2.0〜3.0%程度とかなり低い金利になっているのです。

 

また国が運営する教育ローンの場合には、家の経済状態、家族構成によってはさらに金利の優遇がされるケースもあります。融資金額に至っても、学生ローンは学生本人の収入(アルバイトなど)によっての融資ですから、返済できる範囲内ということで、多くても50万円程度になります。一方で教育ローンは学生1人に対して300万円まで融資してもらえるのです。

 

使用目的には前述でもちょっと触れましたが、学生ローンは学費だけでなく旅行や交際費など、どんな使い方でも構いません。教育ローンの場合は、入学金や授業料などの学費だけにしか使えません。

 

このように、一見似たようなローンに思いますが、まったく異なるものなのです。